鉄道

Tagged
青蔵鉄道(撮影:長岡洋幸)

【GW チベットツアー】
〜チベットの神話の世界から現代へ〜
ツェタンとラサ、青蔵鉄道で行く天空の湖ナムツォ 9日間

「歴史を辿る旅」でチベットを深く知る チベット人発祥の地ツェタン、最古の僧院サムイエ寺、「チベットの心臓」ラサ。神話に彩られたチベットの悠久の歴史をなぞったあとは、2006年に開通した青蔵鉄道の「ちょい乗り」で7,000m峰を望み、遊牧民の暮らす大草原へと繰り出します。チベットの歴史、文化、大自然がバランスよく楽しめる...
マレーシア、コタキナバルを走る「キハ8500系」

マレーシア、コタキナバルを走る「キハ8500系」

側灯よし! 出発進行! ガッタン、ゴットン・・ あ、どうも、、ワタシは、日本からはるばるコタキナバルまで運ばれてきた「キハ8500系」 若い頃は、特急「北アルプス」として中部地方を。そして転職先の会津鉄道では「AIZUマウントエクスプレス」として活躍していました。(ゴットン) このたび、今人気の海外ロングステイ先として...
南米の最南端、フエゴ島のウシュアイア郊外を走る『地球の果て鉄道』

南米の最南端、フエゴ島のウシュアイア郊外を走る『地球の果て鉄道』

地球の裏側ではオリンピックが終了。アスリートたちの熱気の余韻が残っていますが、今日は南米の最南端、フエゴ島のウシュアイア郊外を走る「地球の果て鉄道」をご紹介します。 この鉄道は正式名称を<南フエゴ鉄道>といい、囚人たちによって造られ、完成後は木材運搬や森林伐採に使われた囚人輸送を担っていましたが、今では世界最南端の鉄道...
インドに新幹線が駆け抜ける日

インドに新幹線が駆け抜ける日

時が経つのは早いもので、2015年も残すところあと僅かになりました。 みなさん今年はどんな1年でしたか? 2015年最後の旅専fb投稿は、明るいニュースで締めくくりたいと思います。 先日日本とインドを結ぶ嬉しいニュースが流れて来ました。 それは・・・ 「インド(ムンバイ~アーメダバード間を結ぶ)高速鉄道建設に日本の新幹...
青蔵鉄道「ちょい乗り」のススメ

青蔵鉄道「ちょい乗り」のススメ

チベット観光で人気の青蔵鉄道。標高5,000mを越えるチベット高原を走り、聖なる都ラサを目指す、ロマンと絶景を楽しめる高原列車です。 しかし乗車時間は20時間と長く、その約半分は夜なので景色は見えません。でも、チベットに行くのに青蔵鉄道にまったく乗らないのも勿体ない。 そこで私がお勧めするのが、ラサからダムシュンまでの...
ヨルダンで走るヒジャーズ鉄道について

ヨルダンで走るヒジャーズ鉄道について

皆さん、オスマン帝国時代にシリアのダマスカスからアラビア半島のメッカ間に建設されたヒジャーズ鉄道をご存じでしょうか。 その敷設目的は、ムスリムたちの聖地であるマッカやマディーナへ向かうハッジ(大巡礼)の巡礼者たちの交通のためであるとされていますが、真の目的は、オスマン帝国の宗教に対する支配やヒジャーズ地方に対する軍事支...
タイで出会う日本の列車

タイで出会う日本の列車

タイには日本で活躍していた列車たちが現在でも現役で活躍しています。今回は「タイで出会う日本の列車」についてお話ししたいと思います。 タイの鉄道は今から約200年前、1894年3月26日にバンコクからアユタヤまで運行したのが始まりです。現在この日は「タイ鉄道記念日」に制定されており、この日を含めた年に4回、バンコクとアユ...
エジプトの鉄道について

エジプトの鉄道について

エジプトに行かれたことのある方は、ツアーで参加された方が多いのではないでしょうか?夜行列車を組み込んだツアーもありますが、なかなか個人旅行で鉄道に乗車された方は少ないと思います。 実はエジプトの鉄道はアフリカ・中東地域では最も歴史が古く、今から150年前の1853年まで遡ります。日本の鉄道開業が1872年ですから、日本...
韓国での鉄道の旅

韓国での鉄道の旅

旅行の楽しみの一つとして鉄道の旅があります。韓国の鉄道は総延長で約4000km。全国を網羅しているとは言えませんが比較的、発達した国です。他に6都市に地下鉄、ソウル近郊や釜山に軽電鉄と呼ばれる新交通システムがあります。今回は地方に旅行する際に使う長距離列車についてお話いたします。 韓国の列車は一部の路線を除いて高速鉄道...