タイのお正月

街はクリスマスイルミネーションの中、おせちや年賀状の予約が目立ってきましたね。今年のお正月は家族で過ごす方が多いようで、おせちの売れ行きもいいようです。

日本では新年を祝うお正月は1月ですが、【タイのお正月】は何月かご存知ですか?

タイでお正月といえば4月。元旦の4月13日からの3日間を盛大に祝います。中国の旧正月が1月後半から2月上旬の頃なのでさらに遅いお正月ですね。

このタイのお正月をソンクラーンというのですが、この時に行われるお祭りが「水かけ祭り」です。もともとは仏教行事のひとつで、年長者や僧侶の手に少量のお水をかける優雅なお祭りだったのですが、現在はエスカレートしてバケツや水鉄砲での激しい水かけ合戦となって街中大騒ぎとなります。

1年のうちで4・5月が最も気温が高く40℃近くにもなるタイのお正月。所変われば品変わる…ですね。

ソンクラーンの語源はサンスクリット語で「変化・移動」を意味する言葉で、天文学的に太陽がおひつじ座に入ることを意味します。もともとは毎年変わるものでしたが、現在ではタイ政府によって国民の祝日として4月13〜15日で固定され、1年で一番のお祭りごとになっています。

暑さの中、水を掛け合って子どもにかえって楽しむのもよし、ベストシーズンを迎えるサムイ島などの避暑地に行ってゆっくり過ごすもよし。今年の4月はタイで2回目のお正月を迎えてみませんか?タイが賑わうシーズンですので、是非ご予約はお早めに☆