タイ・バンコクの「のっぽビル」

毎年マスターカードが発表している「世界渡航先ランキング」で今年、世界で最も外国人旅行者が多く訪れる都市に、タイの首都・バンコクが選ばれました!昨年1位のロンドンを抜き、アジアの都市として初めてトップになるそうです。

バンコクは世界的大都市で、世界の名だたるホテルチェーンはもれなく進出しています。その数は東京を上回るほど。またバンコクに行って驚くのが高層ビルの高さ。地震大国の日本ではお目にかかれない高さのホテルがあちこちに建ち並び、上層階からの景色は観光客を魅了しています。

そんな大都市バンコクで一番の高さを誇るホテル「バイヨークスカイ」(88階建)内のバーに行ってきました。83階にある“ルーフトップバー”からはバンコクの夜景をぐるり一望でき、しかもホテル宿泊者以外も400THB(日本円で約1,500円程度※ドリンク2杯付き)で利用できます。あまりの高さに「スカイツリーより高かったりして?」と調べてみましたが、バイヨークスカイ309m、スカイツリー634mと遠く及ばず。。。では日本一高いビル「横浜ランドマークタワーとでは?」と調べたところ、ランドマークが272mと20m以上上回る結果となりました。

ちなみに、ここ数年のバンコクでは高層階のレストランラッシュ。しかもオープンエアという、日本では考えられないスケール感を持っています。特に有名なのがルブアホテル内にある「シロッコ」というバー。世界で一番高いオープンエアのバーとして知られ、胸の高さほどのガラスの仕切りで囲まれた地上247m(63階)の空間はまるで映画の世界の空間です。
是非、今年は大都市バンコクで大人の時間を過ごしてみませんか?