TIBET

Category

ソンタルジャ監督の『草原の河』

私が紹介する映画は4月29日から岩波ホールにてロードショーが決まった、ソンタルジャ監督の『草原の河』。2015年の東京国際映画祭ワールド・フォーカス部門上映作品です。(受賞時の上映題は『河』) 予告編 舞台はチベット東北部アムド地方。遊牧生活を送る家族が主人公です。 幼い娘ヤンチェン・ラモは、母親が妊娠し、産まれてくる...
青蔵鉄道(撮影:長岡洋幸)

【GW チベットツアー】
〜チベットの神話の世界から現代へ〜
ツェタンとラサ、青蔵鉄道で行く天空の湖ナムツォ 9日間

「歴史を辿る旅」でチベットを深く知る チベット人発祥の地ツェタン、最古の僧院サムイエ寺、「チベットの心臓」ラサ。神話に彩られたチベットの悠久の歴史をなぞったあとは、2006年に開通した青蔵鉄道の「ちょい乗り」で7,000m峰を望み、遊牧民の暮らす大草原へと繰り出します。チベットの歴史、文化、大自然がバランスよく楽しめる...
2017年はチベット最高の聖地カイラス山を目指せ!

2017年はチベット最高の聖地カイラス山を目指せ!

新年あけましておめでとうございます。本年も、旅専を盛り上げていくべく、ディープな旅の情報をお届けして参りますので、どうぞお楽しみに! さて、新年1発目の投稿は、風の旅行社より、2017年の注目スポットとして「西チベット・カイラス山」への旅をご紹介させていただきます。 カイラス山、チベット名では『カン・リンポチェ』と呼び...
青蔵鉄道「ちょい乗り」のススメ

青蔵鉄道「ちょい乗り」のススメ

チベット観光で人気の青蔵鉄道。標高5,000mを越えるチベット高原を走り、聖なる都ラサを目指す、ロマンと絶景を楽しめる高原列車です。 しかし乗車時間は20時間と長く、その約半分は夜なので景色は見えません。でも、チベットに行くのに青蔵鉄道にまったく乗らないのも勿体ない。 そこで私がお勧めするのが、ラサからダムシュンまでの...
チベットで発見!可愛い小物

チベットで発見!可愛い小物

今回は風の旅行社女性スタッフが(じつは!)可愛いチベット小物をご紹介します♪ まずはこれ!チベットの旗にも描かれている雪獅子をモチーフにしたぬいぐるみです。 写真はラサのノルブリンカの天井にある雪獅子の彫像。魔除けとして寺院などに装飾される雪獅子も、ぬいぐるみになってしまうと可愛いですね♪ つぎにオススメしたいのは、チ...
ポタラ宮の前で大コルシェー

ポタラ宮の前で大コルシェー

チベットの伝統ダンス「コルシェー」をご存知だろうか? 大勢で円くなって踊るもので、ラサを訪れたことのある方ならどこかで観たことがあるかもしれない。 なんとそれが今、毎晩ポタラ前で繰り広げられている。 夜8時半ぐらいに、ポタラ広場に行ってみよう。若いチベタンが過半数、夜の広場を占拠している。彼ら、彼女らは、このポタラ広場...
エベレスト山頂より

世界の人たちに見せたい、エベレスト山頂からの絶景。

言わずと知れた世界最高峰エベレスト(ネパール名:サガルマータ、中国名:チョモランマ)。その頂からは、地球の全てを見下ろす事ができます。 ネパール側は、どこまでも続くヒマラヤの山々が見下ろせます。 さすがに神々が住むといわれているだけあって、神秘的な世界が広がります。 中国・チベット側は、果てしなく広がるチベット高原。 ...
煩悩まみれの人に見せたいショトゥン祭の巨大仏画

煩悩まみれの人に見せたいショトゥン祭の巨大仏画

こんにちは。風の旅行社の鈴木です。 来たる8月17日、チベットの都ラサではチベット最大級の祭『ショトゥン祭』が開催されます。チベット語の「ショ」はヨーグルト、「トゥン」は宴、つまりショトゥンとは「ヨーグルト祭」という意味です。僧侶達の修行が明けた日に村人達がヨーグルトを施したのがこの祭の起源です。 ショトゥン祭ではラサ...
チャンガーモ(甜茶)

チャンガーモ(甜茶)

今日は、やめられない止まらないチャンガーモ(甜茶)の魅力を是非ともみなさんにお話ししたいと思います。 「チベットの飲み物」といって「バター茶」がまず思い浮んだ貴方、なかなかいい線いってますね。でも、もう一つチベットの飲み物で忘れてならないのが、チャンガーモ(チベット語で「甘いお茶」、チャガモともいう)。 バター茶が家庭...
チベット人の情熱的な愛

チベット人の情熱的な愛

こんにちは。風の旅行社です。 今回は、風の旅行社ラサ常駐駐在員を勤めながらチベット圏をフィールドワーク中の文化人類学者・村上大輔より、チベット人の情熱的な愛についてお話しさせていただきます。 チベットの都ラサ―。 何世紀も昔から内陸アジア最大の<聖都市>として栄えた街であるが、もちろん男女のいるところ、愛は育つもの。 ...