伝統・風習

Tagged
イースターについて

イースターについて

異文化を取り入れるのが上手な私たち日本人。ハロウィンはだいぶ認知されてきましたが、近頃は、コンビニなどでもイースターにちなんだスイーツを目にするようになりました。 ところで、この「イースター」って、どういうことでしょうか? 日本語では「復活祭」と訳され、十字架にかけられて処刑されたイエス・キリストの復活を祝うお祭りで、...
子連れモンゴル冬の旅

子連れモンゴル冬の旅

サインバイノー? モンゴル専門風の旅行社の宮内です。 昨年このfacebookで子連れモンゴルの旅を紹介しましたが、先週、実際に「子連れモンゴル冬の旅」をしてきました。 目的は「子どもと行く冬のモンゴル ホームステイ!」 モンゴルの首都ウランバートルから、草原を車で2時間。 青い空と大地の中にポツンと白く見えるのはダワ...
カンボジア人の生活体験が出来るプログラム『体験の旅シリーズ』

カンボジア人の生活体験が出来るプログラム『体験の旅シリーズ』

カンボジアといえば、、「アンコールワットの遺跡!」しかし実は、一番の魅力は遺跡ではなく、そこに住んでいるカンボジア人そのものなのです。のんびーりしており、温厚な性格でそしてみんな親日なカンボジア人!そんなカンボジア人に魅了される方も多いです。 ピースインツアーの体験の旅シリーズでは、カンボジア人の生活体験が出来るプログ...
パラグアイ・グアラニ族

パラグアイ・グアラニ族

みなさんはラテンアメリカインディアンの一民族であるグアラニ族をご存じでしょうか。主にラプラタ川流域に居住している民族ですが現在では人口が非常に少なくなっています。 首都アスンシオンから東へ約200kmのところにはJAMO MBEPURANGIというグアラニ族の集落があり、ここで自給自足をして静かな生活を送っています。集...
チベットのお正月「ロサール」の行事「グトー(晦日)」

チベットのお正月「ロサール」の行事「グトー(晦日)」

もういくつ寝るとお正月ですね。 そこで、今回はチベットのお正月「ロサール」の行事「グトー(晦日)」をご紹介します。 チベットのお正月「ロサール(ロサともいう)」は、陰暦で計算するため毎年時期がずれますが、2019年は2月5日。チベットのお正月準備は旧暦の12月の半ばくらいから始まりますが、グトーはいよいよ年の瀬が押し迫...
『ダウ船』~海のラクダ

『ダウ船』~海のラクダ

今日はアフリカ大陸の東側、インド洋の航海について。 ソマリア南部からケニア、タンザニア、モザンビーク北部までのアフリカ大陸東部の海岸の事をアラビア語で『スワヒリ』と言います。 『スワヒリ』という単語には、「海岸、岸辺」などの意味があり、このアフリカ大陸の東海岸は、古くからアラブやインド、ペルシャとの交易を通じて各国の文...
まるで宝石!レトロかわいい~マレーシア伝統菓子

まるで宝石!レトロかわいい~マレーシア伝統菓子

ペナン在住のMangさんからの情報をご紹介します。 今日はGeorgeTownでぜひ立ち寄って欲しい、Nyonya Kuih(ニョニャ クエ)のお店「MOH TENG PHEOW Nyonya Koay」をご紹介します。 *Nyonya Kuihとは、マレーシアの伝統菓子。中華とマレーのミックスカルチャーに由来し、ココ...
ヒンドゥー教の聖地『プシュカル』

ヒンドゥー教の聖地『プシュカル』

ラジャスタン州に位置するプシュカルは、ヒンドゥー教の聖地として有名な場所で、創造の神ブラフマーがこの地の誕生に関係しているといわれているため、ブラフマー信仰の地としても有名です。 破壊神シヴァや維持神ヴィシュヌと並ぶ、ヒンドゥー教の三大神の一人でもあるブラフマーですが、意外にも彼を祀る寺院は実は他のインドにあまりないの...
「ネパールの中のチベット」ムスタン

「ネパールの中のチベット」ムスタン

皆さんは「ムスタン」という場所をご存知でしょうか? ヒマラヤの国ネパール中部の最北端に位置する地域で、中国のチベット自治区と国境を接しています。国としてはネパールに属していますが、歴史的・文化的にはチベット文化圏に属し、チベット語を話すチベット系の民族が暮らし、チベット仏教のお寺が点在しています。2008年にネパールの...
スペインのお祭り『人間の塔』

スペインのお祭り『人間の塔』

先日のテレビ番組で、スペイン・バルセロナ(カタルーニャ州)の有名なお祭り、『人間の塔』が取り上げられていました。もちろん映像で見るだけでも迫力があるのは十分に伝わったと思いますが、実際見てみると何とも言い難い緊張感や熱気も感じました。 大人が土台を作り、その上に子供が登っていく。 体重やバランスを考えて組み立てられるフ...
社会人限定 仏教国カンボジア 教育の未来を考える6日間

社会人限定 仏教国カンボジア 教育の未来を考える6日間

日本で「社会貢献者表彰」、カンボジアで「外務大臣賞」をダブル受賞された手束耕治さんが特別講師として同行する「学びのツアー」をご紹介します! 手束耕治さんは、カンボジア宗教省仏教研究所のアドバイザーに就任し、仏教復興に注力されています。経歴からも、雲の上のお方…と思ってしまいますが、実はとても気さく方で、どんな質問にもい...
絶景の巨大尼僧院・アチェンガルゴンパ

絶景の巨大尼僧院・アチェンガルゴンパ

一般に「チベット」と言うと、中国のチベット自治区を指すことが多いのですが、チベット仏教を信仰している人々が暮らす「チベット文化圏」となるとその範囲は北は中国の青海省から南はネパールの山岳部、ブータンなどヒマラヤの南側まで、東はパンダの故郷でもある中国の四川省の西部から、西は北インドのジャンム・カシミール州のラダック地方...
年末スペシャル ナミブ砂漠訪問 ナミビア・キャンプ9日間

年末スペシャル ナミブ砂漠訪問 ナミビア・キャンプ9日間

学生は夏休みにはいり、ご家族でキャンプに行かれる方も多い時期ですが、年末にアフリカでキャンプはどうでしょうか? 世界最古のナミブ砂漠訪問から、ユニークな習慣を持つヒンバの人たちとの触れ合いなど充実のツアー内容です。キャンプツアーになりますが、ナミビアはキャンプ天国と言えるほど快適な設備が整ったサイトが多く、キャンプ未経...
南インドを代表するドラビダ様式のヒンドゥー教寺院「ミナクシ」

南インドを代表するドラビダ様式のヒンドゥー教寺院「ミナクシ」

今日はW杯日本戦!今夜はみなさん夜更かしをして応援をされるのでしょうか。代表選手にはぜひ頑張ってもらいたいですね。 サッカーとは全く別の話になりますが、今日は南インドを代表するドラビダ様式のヒンドゥー教寺院「ミナクシ」をご紹介させていただきます。 空高く聳え立つ派手な塔門(ゴープラム)、その姿はマドゥライの街に入るとす...
西アフリカ伝統音楽の世襲制の音楽家達『グリオ』

西アフリカ伝統音楽の世襲制の音楽家達『グリオ』

みなさんは、グリオという方々をご存知でしょうか?日本でいう、歌舞伎の家系や、語り部のような、西アフリカ伝統音楽の世襲制の音楽家達。弦楽器や打楽器など、植物や動物の皮など自然にある材料を用いて作られる楽器を使い、儀礼や祭事の際には、今でもグリオは欠かせない存在です。 アフリカの音楽というと激しく、明るく陽気なイメージが強...