ネパール・モンゴル・チベット文化圏の専門店 風の旅行社の記事一覧

「ネパールの中のチベット」ムスタン

「ネパールの中のチベット」ムスタン

皆さんは「ムスタン」という場所をご存知でしょうか? ヒマラヤの国ネパール中部の最北端に位置する地域で、中国のチベット自治区と国境を接しています。国としてはネパールに属していますが、歴史的・文化的にはチベット文化圏に属し、チベット語を話すチベット系の民族が暮らし、チベット仏教のお寺が点在しています。2008年にネパールの...
絶景の巨大尼僧院・アチェンガルゴンパ

絶景の巨大尼僧院・アチェンガルゴンパ

一般に「チベット」と言うと、中国のチベット自治区を指すことが多いのですが、チベット仏教を信仰している人々が暮らす「チベット文化圏」となるとその範囲は北は中国の青海省から南はネパールの山岳部、ブータンなどヒマラヤの南側まで、東はパンダの故郷でもある中国の四川省の西部から、西は北インドのジャンム・カシミール州のラダック地方...
家族で行くモンゴルの魅力

家族で行くモンゴルの魅力

元気いっぱいなお子さんと思う存分楽しんで欲しい。今日は家族で行くモンゴルの魅力を紹介したいと思います。 「近くて・非日常な・特別の夏」がモンゴルで待っています! まず、日本からモンゴルへの近さ。成田から直行便でモンゴルまで5時間30分。意外と近いんです!お昼ごはんを食べて飛行機に乗ったら、あっという間に草原の国へ。到着...
モンゴルのお土産に「ゲル自作キット」

モンゴルのお土産に「ゲル自作キット」

みなさんは、<ゲル>をご存知でしょうか? 「モンゴルの大草原に建つ、丸くて白い天幕のお家」といえば、「あー、あれね」と思い出す方もいることでしょう。主に遊牧民が暮らす移動式住居で、中国では「パオ(包)」、中央アジア方面では「ユルタ」などとも呼ばれています。 風の旅行社で多くのお客様が毎年行かれるモンゴルでは、このゲルに...
ネパールの寒村で食べるハンバーガー、“ヤク”ドナルドの「ハッピーミール」

ネパールの寒村で食べるハンバーガー、“ヤク”ドナルドの「ハッピーミール」

年末年始は弊社発祥の地であるネパールへのツアー添乗に行ってきました。国内線を2区間乗り継ぎ、更にジープに分乗して辿り着いた寒村・カグベニにて、驚きの味覚を発見したのでご紹介します。その名も、“ヤク”ドナルドの「ハッピーミール」 素材は自家製のふわふわバンズ、ヤク肉を蒸してほぐしたもの、味の濃いキャベツ、そして特製のマヨ...
チベットのオーダーメイド旅行

チベットのオーダーメイド旅行

今、私はチベットのラサに来ています。 今回のツアーは、ヨガ教室の先生とお弟子さんのグループなので、ラサの各所でヨガや瞑想を行っています。今日は「トルコ石の湖」とも呼ばれる標高4,300mのヤムドク湖の湖畔での瞑想です。標高4,749mのカンパラ峠を越えて、チベットの宇宙のように深く青い空を映し出す湖面は神秘的で、時間の...
モンゴルの満天の星空を楽しむなら「星空案内人」同行ツアー

モンゴルの満天の星空を楽しむなら「星空案内人」同行ツアー

弊社取扱地域の中では星空が楽しめる国は多いのですが、夏のイチオシはなんと言ってもモンゴル。日本を出発し5時間のフライトでウランバートルへ。その後は大草原への移動中から星空が楽しめます。 私自身、モンゴルで星を眺めて20年。お客様と星を眺めるだけでは進歩がない!と企画した「星空案内人」同行ツアー。 星空案内人と行く「ほし...
夏のブータンをお勧めする4つの理由!

夏のブータンをお勧めする4つの理由!

秋篠宮家の眞子様がご訪問されたことで、改めて注目されたブータン。 ガイドブックには「乾期のほうが旅行シーズンとして望ましい」と記載されているので、雨期を避ける方が多いようですが、日本の梅雨のように雨が降り続くわけでなく、夕方から朝にかけてスコールのように降るので、本格的なトレッキングや、移動距離の長い中央ブータンや東ブ...

モンゴルの大草原を疾走するアクティビティー『乗馬』

今回のお題は「お勧めのアクティビティー」です。 モンゴルでアクティビティーといったら大草原を疾走する「乗馬」。遥かヨーロッパまで征服したモンゴル帝国の力の源となり、現在でもモンゴルでは多くの遊牧民が、家畜を追うために日常的に馬に乗っています。しかし、おそらく日本人のほとんどの方が草原での乗馬をイメージしきれていないので...

ソンタルジャ監督の『草原の河』

私が紹介する映画は4月29日から岩波ホールにてロードショーが決まった、ソンタルジャ監督の『草原の河』。2015年の東京国際映画祭ワールド・フォーカス部門上映作品です。(受賞時の上映題は『河』) 予告編 舞台はチベット東北部アムド地方。遊牧生活を送る家族が主人公です。 幼い娘ヤンチェン・ラモは、母親が妊娠し、産まれてくる...
青蔵鉄道(撮影:長岡洋幸)

【GW チベットツアー】
〜チベットの神話の世界から現代へ〜
ツェタンとラサ、青蔵鉄道で行く天空の湖ナムツォ 9日間

「歴史を辿る旅」でチベットを深く知る チベット人発祥の地ツェタン、最古の僧院サムイエ寺、「チベットの心臓」ラサ。神話に彩られたチベットの悠久の歴史をなぞったあとは、2006年に開通した青蔵鉄道の「ちょい乗り」で7,000m峰を望み、遊牧民の暮らす大草原へと繰り出します。チベットの歴史、文化、大自然がバランスよく楽しめる...
2017年はカンボジアの世界遺産プレアヴィヒアで決まり!

2017年はカンボジアの世界遺産プレアヴィヒアで決まり!

あけまして、おめでとうございます! ピース・イン・ツアーでございます。 今年も、インドシナ地域への旅を盛り上げていきたいと思っておりますので、宜しくお願い致します! さて、ピース・イン・ツアーからはカンボジアにある絶景の世界遺産をご案内! 東南アジアのマチュピチュ?とも云われる?プレアヴィヒア遺跡について。 ☆ポイント...
2017年はチベット最高の聖地カイラス山を目指せ!

2017年はチベット最高の聖地カイラス山を目指せ!

新年あけましておめでとうございます。本年も、旅専を盛り上げていくべく、ディープな旅の情報をお届けして参りますので、どうぞお楽しみに! さて、新年1発目の投稿は、風の旅行社より、2017年の注目スポットとして「西チベット・カイラス山」への旅をご紹介させていただきます。 カイラス山、チベット名では『カン・リンポチェ』と呼び...
モンゴル辺境部への旅 その2

モンゴル辺境部への旅 その2

さてさて、モンゴルに暮らす多様な民族のご紹介、第2弾です! 前回の「カザフ民族」がモンゴル最西部に暮らす民族であれば、今回ご紹介するのは北中部、ロシアと国境を接するエリアに暮らす「ツァータン」(トゥバ民族)をご紹介させていただきます。 「ツァータン」は、モンゴル語で「トナカイを飼う者」の意。 いまなお、 乳製品の源とし...
モンゴル辺境部への旅 その1

モンゴル辺境部への旅 その1

みなさま、モンゴルという国に、どういったイメージをお持ちでしょうか? チンギスハーン、騎馬民族、大草原、遊牧民、ゲルでの暮らし、そして大相撲で活躍する力士たち。 …というのが代表的なモンゴルのキーワードだと思います。 さて、広大なモンゴルには、けして一括りにはできない多様な民族、暮らしが息づいています。 今回はモンゴル...