FINLAND

Category
フィンランドの森『ヌークシオ国立公園』にて夏限定♪日本語ガイド付きツアー催行開始

フィンランドの森『ヌークシオ国立公園』にて夏限定♪日本語ガイド付きツアー催行開始

森と湖の国と呼ばれるフィンランドは、国土の約7割が森林におおわれています。首都ヘルシンキを含め、都市部近郊にも森はあり、フィンランド人にとってとても身近な存在です。鳥のさえずりや風で葉が触れ合う音などを聞きながら、散歩したりキノコやベリーを採ったりと、フィンランド人にとっての一番のアクティビティといえるかもしれません。...
フィンランドを舞台にした映画『かもめ食堂』

フィンランドを舞台にした映画『かもめ食堂』

フィンランドを舞台にした映画としてもっとも日本でよく知られているのは、なんといっても2006年3月に公開された「かもめ食堂」でしょう。今日のように多くの日本人が気軽にフィンランドに旅行に行くようになった大きな要素の一つです。 登場人物のほのぼのした交流が中心の映画ですが、さりげなくヘルシンキの街の見どころや自然、デザイ...
北極圏駐在スタッフが撮影した極地の空

北極圏駐在スタッフが撮影した極地の空

冬の時期には多くのお客様がオーロラを求め、北欧旅行にいらっしゃいます。もちろん皆様にはメインのオーロラ鑑賞をお楽しみいただきたいと思っていますが、極地の空はオーロラ以外にもさまざまな美しい光景を私たちに見せてくれます。今回は、弊社の北極圏駐在スタッフが撮影した極地の空の写真を紹介します。 ①極夜 緯度によっても差があり...
オーロラ

フィンランド・レヴィのオーロラ観測

皆さまこんにちは。北欧旅行フィンツアーの三輪です。私は今フィンランドのレヴィという場所に来ています。弊社では冬の時期、フィンランドのロヴァニエミ、サーリセルカ、レヴィと、スウェーデンのキールナに駐在スタッフを派遣し、オーロラ観測にいらっしゃるお客様の滞在サポートを行っています。 レヴィはラッピ県(一般的にはラップランド...
フィンランドのクリスマス

フィンランドのクリスマス

フィンランドのクリスマスは日本のお盆とお正月の両方の意味合いを持つ大切な行事です。 フィンランド語では12月のことを「Joulukuu(ヨウルクー)」、「クリスマスの月」と呼び、初旬から早々に国中がクリスマスムード一色に染まります。24日のクリスマスイブから26日の「Tapaninpäivä(タパニンパイヴァ)」にかけ...
バルト海横断クルージング~フィンランド↔スウェーデン線~

バルト海横断クルージング~フィンランド↔スウェーデン線~

憧れの豪華客船でのクルージングは北欧旅行の醍醐味とも言えるでしょう。北欧では古くからクルージングをしながら休日を過ごす文化があり、誰でも手軽かつリーズナブルに体験することができます。 数あるクルージング航路の中でも人気が高いのはバルト海を横断するフィンランド~スウェーデン線。大手船舶会社「Silja Line(シリヤ・...
フィンランドを代表する作家トーヴェ・ヤンソン生誕100周年

フィンランドを代表する作家トーヴェ・ヤンソン生誕100周年

2014年はフィンランドを代表する作家、トーヴェ・ヤンソン生誕100周年。フィンランド国内外でトーヴェ・ヤンソンやムーミンに関するイベントが数多く企画されています。生誕100周年特製のお土産品も見逃せません。 トーヴェ・ヤンソン生誕100周年特設サイト http://tove100.com 特にフィンランドでの盛り上が...
2014年はムーミン童話の原作者トーベ・ヤンソン生誕100年!

2014年はムーミン童話の原作者トーベ・ヤンソン生誕100年!

今年2014年は、ムーミン童話の原作者であるトーベ・ヤンソンの生誕100年となる、記念すべき年です。 トーベ・ヤンソンは、1914年にフィンランドのヘルシンキ生まれのフィンランド人として有名ですが、フィンランドではマイノリティのスウェーデン系フィンランド人であり、子供向けの童話でありながら不条理な内容も多く含まれている...
フィンランドの独立記念日には窓辺に青と白のろうそくを立てます

12月6日はフィンランド独立記念日!

1917年12月6日に独立宣言がフィンランドで採択されたことを祝い、12月6日はフィンランドでは独立記念日となり、祝日となっております。 フィンランドは長い間、スウェーデン、ロシアに統治され続けながら、やっとの思いでこの日に独立を勝ち取ったということでこの日には国全土を上げてお祝いをするのです。 一般的な人々の祝いの仕...
伝統のヘルシンキ・ニシン祭り

伝統のフィンランド・ヘルシンキでのニシン祭り

10月のヘルシンキと言えば、ニシン祭りが有名です。 ヘルシンキのマーケット広場で年に一度行われるお祭りで、バルト海の漁師さんが集まり、ニシンの製品を販売したり、ニシンをフライにした「ニシンスナック」も売っています。 この祭りは、今年でなんと271回目。1743年から続いているおり、ヘルシンキでは一番伝統のあるお祭りとし...
フィンランドのブルーベリー

フィンランドのベリー摘みは大変?!

東京は、夏真っただ中の8月ですが、北欧では秋の香りがしてくる季節。 この時期、フィンランドではベリー摘みが盛んです。 フィンランドでは、かつて地理的に新鮮な野菜や果物などがあまりとれなかったため、ベリーが重要な食料とされてきました。ベリージュースにして飲むのはもちろんのこと、ヨーグルトにベリーを入れたり、ベリーケーキや...
フィンランド・夏至祭のかがり火(コッコ)

フィンランドの夏至祭

フィンランドの寒い冬が終わり、やっと6月。 6月にはクリスマス・イースターに次ぐ、3番目に大きなイベント、夏至祭があります。 フィンランド語ではJuhannus(ユハンヌス)といい、キリスト教の聖人の名前がついていますが、キリスト教が伝わる前からのイベントです。 フィンランドの人々の多くは、家族でサマーコテージに行き、...
冬でも外に子供を置きっぱなしにするのです。

ちょっと変わったフィンランドの冬の子育て

東京のさくらが満開を過ぎていますが、北欧の気温はまだマイナスで、気温は冬まっ盛り!ということで、今回は私が冬のフィンランドに滞在をしている時にびっくりした子育てについてお話したいと思います。 私が冬のフィンランドに滞在していた時に、フィンランド人の友達に夕食へ招かれたことがありました。その時、玄関の前にベビーカーが一台...
北欧フィンランドの初日の出

フィンランド・ラップランドの初日の出

北欧・ラップランドでは、場所により多少前後いたしますが、初日の出は1月10日前後となります。 日本人にとっても初日の出は、渋滞の中、よりよい場所を求めて見に行くということは、やはり特別な意味があると思いますが、ラップランドの人たちにとっても、それは春の訪れが近くになってきたという、嬉しい便りなのです。 特にこの時期、人...
ラップランドのカーモス

北欧・ラップランドのカーモス

あと10日程で12月。北欧のラップランドでは、12月の初旬ごろ~1月初旬頃まで、太陽が昇らない時期に入ります。この時期のことをフィンランド語ではカーモスと言っています。日本の我々からすると、「太陽が昇らないのなら、ずっと夜の状況が続くの か・・・」と思われる方も多くいらっしゃりますが、実はそうではないのです。 その時期...